現代的スパイスで古民家の良さを引き立たせる富士屋 花筏

他業種との連携が現代的スパイスに

「富士屋 花筏」の改修にあたり、土壁は左官職人の挟土秀平氏、ランドスケープは稲田純一氏、杉の家具は飛騨産業(株)(エンツォ・マーリ氏デザイン)、ガラス素材は辻井硝子建材(株)、等と連携し、プロジェクトを組みました。従来の建築プロセスの枠を越えたこれらのコラボレーションは、築100年の町家に斬新な息吹を吹き込み、現代的スパイスとして古民家の良さを引き立てています。