ヒノキの里ならでは加子母産木材100%利用加子母研修センター「ふれあいのやかた かしも」

地域とともに生きている建築 〜様々な活動の紹介

2016.11.16

交流の場としての役割 ー森の楽校ー

森と人、山村と都市をつなぐ

各種団体やサークルの活動、交流会や研修、合宿などに利用。ここを拠点に、自然とのふれあい、村内外の人とのふれあいを楽しんでいただいている。

●施設内容(主要所室)
・1階ホール:200m2の吹抜けを持つ空間で100〜200人程度の利用が可能
・2階研修室:96畳の和室で桧造りの舞台を持つ。100〜150人程度
・食堂、キッチン:調理教室、食堂として利用可能。バーベキュー設備が整っており人気がある。
・浴室:桧風呂

彫刻展(1階ホールにて)

乳幼児教室(1階ホールにて)

結婚式(1階ホールにて)

民謡(2階研修室にて)

オレゴン州視察

婦人会朴葉寿司(1階食堂にて)

遊ぶ

森林教室

木匠塾